獣の奏者 (3)探求編

4.30
  • (624)
  • (478)
  • (204)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 3033
レビュー : 349
著者 :
ヨルさん  未設定  読み終わった 

あれから十数年のちの真王国。真王と大公は結ばれたが、国内は未だ安定せず、外敵の影が。王国の成り立ちの真実と王獣と闘蛇の秘密が少しづつ解き明かされ、またエリンは家族とともに大きな渦に巻き込まれていく。真王セィミヤの空疎、ロラン、ヨハル、と複雑に絡み合いながら決断の時へ。イアル、かっこよすぎです。感想はこれにつきます。先が予見され、束の間の平安だとわかっているからこその相互理解と強い愛情だと思いますが。逆に倦怠期の二人とか、見たくないな。

レビュー投稿日
2019年4月13日
読了日
2019年4月13日
本棚登録日
2019年4月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『獣の奏者 (3)探求編』のレビューをもっとみる

『獣の奏者 (3)探求編』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする