二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)

3.73
  • (40)
  • (69)
  • (60)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 454
レビュー : 70
著者 :
2さん 小説   読み終わった 

「だったら●●を読むよ」が、この人だけに限ってはなかなか通用してくれそうになくて、なぜなら今さら感をガン無視でベタに私小説を書き続けるというのは、今はもうすごく骨の折れることだと思うから。でも、ほんとうにおもしろいと思ったのは、徹底して私小説を書こうとする姿勢じゃなくて、「私小説をベタに書く」っていう、そういうところで読み手の混乱を誘発できるところだと思う。リアリズムはつまり現実的じゃないからこそいえるのだし、だいいち私小説はあったことをネタとして書こうとするぶんだけ嘘になるのだから、私生活を赤裸々に書くなんてすげえ! という話ではないのだから、それを考えたうえでベタにやろうとしているように見えるところのカオスな感じが、ベタに読もうか考えながら読もうかで、またちがった良い意味での混乱を産み出せているのかもしれない。弱点は一冊読めば良い感の強さ。

レビュー投稿日
2011年2月13日
読了日
2011年2月13日
本棚登録日
2011年2月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする