女体についての八篇 晩菊 (中公文庫)

3.38
  • (1)
  • (5)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 159
レビュー : 9
ビブロスさん フィクション   読み終わった 


さくっと1日で読めた。

女体についての八篇 晩菊 (中公文庫) |
漫画家で読書家の安野 モヨコさんセレクション、文豪の短編集。

太宰 治, 岡本 かの子, 谷崎 潤一郎, 有吉 佐和子, 芥川 龍之介, 森 茉莉, 林 芙美子, 石川 淳,

挿絵が贅沢にも安野 モヨコ。
この人の描く女性たちは艶っぽくて実に美しい。
映画監督の庵野秀明の奥さんですね。

明治の文豪の描く、えもいわれぬ世界。
ほぼエロ無しの にょたい。

谷崎 潤一郎の足フェチ、芥川 龍之介のむっつりすけべ、太宰 治のロリコン、 森茉莉(森鴎外の長女ね)の少女漫画趣味、石川 淳のJOJOか?石仮面か? 

面白かった。

レビュー投稿日
2020年1月8日
読了日
2020年1月8日
本棚登録日
2020年1月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『女体についての八篇 晩菊 (中公文庫)』のレビューをもっとみる

『女体についての八篇 晩菊 (中公文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする