白痴 (新潮文庫)

3.58
  • (205)
  • (224)
  • (520)
  • (35)
  • (12)
本棚登録 : 2642
レビュー : 269
著者 :
yoshi2013さん 純文学   読み終わった 

昭和の時代において、いや、現代にとってもこのような作品を排出するのはとても勇気がいりそうな感じ。特に戦争と一人の女はかなり不謹慎で、戦争を体験していなければ考えつかない心情だし、経験していない自分にとっては共感しにくい。だけどこんな感情を持つ人は少しはいたはずだし、そういう意味で人間という生き物の新しい発見でした。登場する女性は「青鬼の褌を洗う女」以外はどこか変な人ばかりだが、それを客観的にみる側にも変であり人間の赤裸々な内情が彫りだされています。支離滅裂感のある作品もあり「青鬼の~が顕著」途中でいい加減な気持ちになるが、読み返して楽しむ類の本かとも思う。

レビュー投稿日
2017年9月9日
読了日
2017年9月9日
本棚登録日
2017年9月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『白痴 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『白痴 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする