チベットのモーツァルト (講談社学術文庫)

3.36
  • (13)
  • (23)
  • (57)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 337
レビュー : 26
著者 :
yoshidamasakazuさん  未設定  読み終わった 

意識の深部を 著者と一緒に探検しているような本。映画「マトリックス」のように 現実の多層性を感じながら、ミクロの世界で 意識の深部には何があるのか探検している。宇宙のような無限性も感じる

「極楽論」の章は、生存と非生存の間(あわい)にある 無限の 天国、浄土を 横断している。点としての 天使、極楽浄土の音楽を感じながら

「病のゼロロジック」以後は 本のテーマから少し外れるが、聴きなれない哲学用語も少なく 読みやすいし、面白い

レビュー投稿日
2018年7月7日
読了日
2018年7月7日
本棚登録日
2018年7月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『チベットのモーツァルト (講談社学術文庫...』のレビューをもっとみる

ツイートする