エンジェル投資家 リスクを大胆に取り巨額のリターンを得る人は何を見抜くのか

3.67
  • (5)
  • (14)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 151
レビュー : 21
制作 : 孫 泰蔵(序文)  滑川 海彦、高橋 信夫 
yoshikooさん 図書館   読み終わった 

元ベンチャーキャピタル業界にいた人間として、読むと非常に面白いのだが、一般的にはどうだろうか?
かなり専門用語も多いので、とっつきにくい面もあると思うが、エンジェル(ベンチャーへ個人で投資する人々)の話がこれだけまとまって読める本というのは、おそらくないのではないだろうか?
日本の現状とシリコンバレーとでは、かなり違いがあるけれど、やっぱり最後は人間だなあとよくわかる。

斬新なサービスや製品を見抜くのは難しい。
だって斬新でこれまでにないもののはずだから。
著者はTwitterの良さがさっぱりわからず、投資しなかったという話もでてきて、確かになぁ‥と思うのだ。
そんな経験から語る著者は、プロダクトを見抜くのではなく、経営者を見るという。

具体的なシリコンバレーのベンチャーやYコンビネータの話なども出てきて、この手のことに興味があるなら、エンジェル投資に興味がなくても楽しく読める本だと思う。

レビュー投稿日
2018年12月24日
読了日
2018年12月24日
本棚登録日
2018年12月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『エンジェル投資家 リスクを大胆に取り巨額...』のレビューをもっとみる

『エンジェル投資家 リスクを大胆に取り巨額のリターンを得る人は何を見抜くのか』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする