暮しの手帖 4世紀97号

3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 4
yoshikooさん  未設定  読み終わった 

安心の一冊。
いつも読むたびに、地に足が着くというのはこのことか‥と自分のバタバタした生活を振り返る機会になる。
今回はこれといって、印象深い記事はなかったけれど、昆布締めの記事を読んで、お正月に昆布締め作ったり、懐かしいボードゲームを見つけて「なつかしい〜」と叫んでしまったりと丸ごと楽しめた。

連載の高山なおみさんの「気ぬけごはん」。今回も美味しそう〜。お揚げってどちらかというと苦手なのだけれど、高山さんの文章で読んでいると、ああ、たべたい‥という気になってしまう。

レビュー投稿日
2019年1月21日
読了日
2019年1月21日
本棚登録日
2019年1月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『暮しの手帖 4世紀97号』のレビューをもっとみる

『暮しの手帖 4世紀97号』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする