泣いたー!

本造りという舞台設定も自分好みだったけれど、登場人物のひとりひとりもいい。

読みながら、やっぱり本が好きだ!と改めて思った。
そういう人がいっぱいいるんだ。
やっぱりそうなんだと思えて、また泣けて、最後のエンドロールでまた泣いた。

いい一日だった。

何度も読みたい本は、電子書籍で書いたいけれど、これは紙で買わないとね。

文庫版待ちます。

2018年11月9日

読書状況 読み終わった [2018年11月9日]
タグ

スマホをやめるというよりも、インターネットやSNSで見失ってしまっている日々の喜びについて考える本。そういう意味で原題(The Joy of Missing Out: Finding Balance in a Wired World)のほうがずっと内容にふさわしい。

スマホを気にしすぎるのをやめたいという人には、そのためのプロセスについても書いてあるので参考になるかもしれない。

個人的にはスマホやネットサーフィンでダラダラとネットをするのは、読書をするのと同じように「逃避」だと思うので、それ自体はまぁいいんじゃないかと思う。そういうのは人には何かしら必要だろう。

ただSNSやLINEといったつながり系は、もっと個人的レベルで振り回される系が多い気がするので、どこかで線引しておかないと人生そのものを振り回されそうな気がする。

2018年10月25日

読書状況 読み終わった [2018年10月25日]
タグ
ツイートする