金の月のマヤ(1) 黒のエルマニオ

3.42
  • (4)
  • (9)
  • (15)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 125
レビュー : 15
著者 :
るうんさん ファンタジー   読み終わった 

ある日とつぜん異世界<シャドゥイン>へと迷い込んだ、黄昏小学四年生の観月マヤ。彼女がこの世界に呼ばれたのには、理由があった。マヤは、精霊エルマをあやつる魔法使い<エルマニオ>になり、闇ににおおわれつつあるこの世界を救うという、「救世主」としての使命を負っていたのだ。
王立アカデミーに入学し、いつしかたよりになる友人カルラやミロクと出会い、エルマニオとなるべくエルマの勉強に励むマヤだったが、あるとき森にある大岩に開いた穴に落ちてしまい、不思議なものを発見する。

レビュー投稿日
2018年7月26日
読了日
2018年7月26日
本棚登録日
2018年7月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『金の月のマヤ(1) 黒のエルマニオ』のレビューをもっとみる

『金の月のマヤ(1) 黒のエルマニオ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『金の月のマヤ(1) 黒のエルマニオ』にるうんさんがつけたタグ

ツイートする