トラウマの国ニッポン (新潮文庫)

3.31
  • (2)
  • (15)
  • (27)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 134
レビュー : 15
著者 :
yoshinarさん  未設定  読み終わった 

「普通」を将来の夢にする子どもたち、空回りするゆとり教育、話し方学校で話術を身につけようとする人たち、うまく流通しない地域通貨、妻から夫への暴力の深層、日本共産党の党員の人たち、自分史を書く人たちなどをテーマにしたルポ。いずれも何となく世の中の共通認識としてとらえられているイメージがあるが、渦中の人たちからはそのイメージとはちょっと違う声が聞こえてきたり、あるいはもっと突き詰めた言葉が出てきたりする。いずれも渦中の人たちからはどこか浮世離れした達観がうかがえる。
とすると、世の中のイメージの何とも表面的なことよ。真実ではなくイメージが常識になって、常識で世の中が動いていってしまうのだと考えると、おそろしや。

レビュー投稿日
2018年6月2日
読了日
2018年5月24日
本棚登録日
2018年5月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『トラウマの国ニッポン (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『トラウマの国ニッポン (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする