絶叫委員会 (ちくま文庫)

4.03
  • (78)
  • (115)
  • (58)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 881
レビュー : 111
著者 :
yoshinarさん  未設定  読み終わった 

ほむほむが日常で見つけたり聞き留めたことばを紹介しているもの。きれいな言葉や美しい言い回しとかじゃなくて、面白かったりちょっとおかしな言葉ね。それでいてちゃんとその場にはなじんでいたり、その場を和ませたりする言葉。
電車の中とか街のなか、私はあまり人の言葉を耳に留めることがないと思うし、たまたま留まったとしても「ふーん」って思ったり、すぐ忘れちゃうと思う。でも、ほむほむはちゃんと手帳に書き留めたりしているみたい。そうすると、巷って、言葉ってこんなに面白いんだって感じる。ほむほむみたいに言葉に敏感になりたいなと思った。
ほむほむって呼ばれてるし(ファンの人たちからは)、書いていることもヘタしたら小・中学生男子っぽかったりするから、自分より少し年上くらいの年齢かと思っていたけど、ほむほむは1962年生まれ。だいぶお兄さんだった。

レビュー投稿日
2017年4月8日
読了日
2017年4月7日
本棚登録日
2017年4月7日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『絶叫委員会 (ちくま文庫)』のレビューをもっとみる

『絶叫委員会 (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする