黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

3.88
  • (850)
  • (492)
  • (1085)
  • (19)
  • (3)
本棚登録 : 4815
レビュー : 218
著者 :
制作 : 山田 章博 
yoshio2018さん 本・雑誌   読み終わった 

戴国の王驍宗は地方の反乱の征伐に出かけて行った。その隙に麒麟である泰麒を害しようとしたものがいた。そして鳴蝕が起こり、泰麒は蓬莱に流されてしまった。王と麒麟が居ない戴国は荒廃し妖魔が蔓延る国となった。そんな戴国から慶国へ王を頼って妖獣に乗って飛んできた将軍がいた。李斎である。彼女は偽王からの追及を逃れ、ようやく慶国にたどり着き、景王陽子に面会を求めた。

レビュー投稿日
2018年10月11日
読了日
2013年7月31日
本棚登録日
2018年10月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記...』のレビューをもっとみる

『黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)』にyoshio2018さんがつけたタグ

ツイートする