バウッダ[佛教] (講談社学術文庫)

4.55
  • (8)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 107
レビュー : 7
yoshio2018さん 本・雑誌   読み終わった 

阿含経の成立から大乗仏教の成立までを明快に述べたもの。釈迦の教えに一番近いものは阿含経であり、大乗経典は釈迦の入寂後数百年を経た紀元百年辺りにその初期経典が成立していることを明快に述べる。そして阿含経の思想と大乗仏教活動の興隆とその大乗経典の思想を解説する。明快にとは言っても膨大な経典のなかから重要なものを選び出してその思想を解説するのであるから、なかなかついていくのは骨であるが、本当の仏教の考え方とは何かを知るには重要な本である。

レビュー投稿日
2018年10月11日
読了日
2014年2月17日
本棚登録日
2018年10月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『バウッダ[佛教] (講談社学術文庫)』のレビューをもっとみる

『バウッダ[佛教] (講談社学術文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『バウッダ[佛教] (講談社学術文庫)』にyoshio2018さんがつけたタグ

ツイートする