産科が危ない 医療崩壊の現場から (角川oneテーマ21)

著者 :
  • 角川書店 (2013年4月10日発売)
3.25
  • (1)
  • (5)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 53
感想 : 6
2

◯著者の業績の記載がメインの書。
◯さすがに少子化対策に出産育児一時金と妊婦健診公費負担が大きく寄与していると書かれたのは、いささか偏った見解に感じた。
◯若干古い本ではあるが、今後の課題の部分について、NIPTなどの現在の課題を捉えたものになっており、さすが業界を担ってきた著者だのと感じた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2019年7月29日
読了日 : 2019年7月29日
本棚登録日 : 2019年7月27日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする