進撃の巨人(6) (講談社コミックス)

3.90
  • (329)
  • (435)
  • (341)
  • (42)
  • (5)
本棚登録 : 4826
レビュー : 231
著者 :
yoshiriさん 中2心を擽る少年系漫画   読み終わった 

くっそつまんねーわ。
漫画ってやっぱ、読者が内容を理解して、それにのめり込んで、感情移入するから面白いわけで。
だから主人公が敵に勝つと嬉しいし、恋に敗れると悲しいし、逆に敵役にもそれなりのストーリーがあったりしてそれが人気になったり、ヒロインにまじで恋しちゃったり、まあそういうのが漫画なわけで…。

そんな中この糞漫画はもう何してるのかもよくわからんよ。
せっかく人を喰らう巨人がいるって世界なのに「うわっ!あいつが死んじゃう!」っていう緊張感が全くないわ。
漫画の中ではキャラクターが必死にやばい!とか信じられん!みたいな展開を繰り広げてるけど、読者からしたらまずこいつ誰?ってレベル。
誰か理解出来ても、じゃあこいつが何した奴だっけ?こいつ何が凄いんだっけ?ってなる状態。
天才のあいつがこうも簡単に殺された!?とか、さすが天才のあいつ!凄い!みたいな展開とかやりたいのは伝わるけど、その”天才”っぷりが全然伝わらないし、今までも伝えられてきてないから、ほんとどうでもいいことを延々と描かれてる感じ。
だから巨人に殺されての「うわー!」とか巨人を倒しての「ヨッシャー!」とかが起きないんだよクソ!
急に回想が入ったりとかもわかりにくいし、絵がクソ下手なくせに色々とやりたいことが多すぎる感じ。
もっと単純にしろ、そっから段々と大きく広げて行けや。

レビュー投稿日
2012年1月12日
読了日
-
本棚登録日
2012年1月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『進撃の巨人(6) (講談社コミックス)』のレビューをもっとみる

『進撃の巨人(6) (講談社コミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『進撃の巨人(6) (講談社コミックス)』にyoshiriさんがつけたタグ

ツイートする