凡人として生きるということ (幻冬舎新書)

3.38
  • (39)
  • (96)
  • (159)
  • (28)
  • (10)
本棚登録 : 850
レビュー : 134
著者 :
yoshitaka4729さん エッセイ   読み終わった 

現実を見据え、極端に走ることなく、中庸を進むことが人間社会を生きる知恵

多少の格差があろうと、それをおおらかに、いい加減に許してしまう社会が一番いい。

レビュー投稿日
2018年11月5日
読了日
2009年10月17日
本棚登録日
2018年11月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『凡人として生きるということ (幻冬舎新書...』のレビューをもっとみる

『凡人として生きるということ (幻冬舎新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『凡人として生きるということ (幻冬舎新書)』にyoshitaka4729さんがつけたタグ

ツイートする