オブザデッド・マニアックス (ガガガ文庫)

3.70
  • (9)
  • (15)
  • (13)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 115
レビュー : 20
著者 :
制作 : saitom 
yossy-oさん 恋愛   読み終わった 

サクサク読めるし、この後の展開はどうなるのか、っていう引きもあって面白かった。エンディングも青春的なハッピーエンドで読後感もとても爽やか。

ただ、ゾンビ物として見ると、ちょっとイメージとは違うかもしれない。主人公たちは普段学校ではしいたげられている立場だったりと、クラス内階級が話の中心にあって、それに対する主人公と莉桜の意見の相違が面白い。そういった点でもゾンビ物というよりかは青春物のイメージが強い。
そんなこんなで、ゾンビ自体は話の本筋から離れてしまうこともあって印象は薄い。
昔ながらのノロノロゾンビで、あっさりやられてくので、正直緊迫感にはかける。
まあ、作者としてはゾンビに対する恐怖を描きたいワケではなく、上述の様な、クラス内階級とそれに対するそれぞれの思いに関して描きたかったのかなとも思うので仕方ないか。

他のレビュアーの方々の意見にもあったが、ルミ姉の存在が邪魔だったなぁ…そもそも強すぎだし、ぶっとび過ぎていて、ある程度リアル感のある物語の中で完全に浮いてしまっている。ラストも、ルミ姉抜きで、仲間たち五人で力を集めて切り抜けるって展開の方が燃えたかなと。

ラノベらしく、主人公と莉桜、いずなの3人はしっかりキャラがたっていたし、莉桜といずなの二人はキャラとしてとても魅力的だった。物語途中からのいずなのデレは破壊力抜群だったし、莉桜のぶっとんだ考え方もそれはそれで過去にあまりないキャラだと思うので良かった。イラストもよかった。
若干ハーレムに近い展開になるので、自分の様にそういうのも好きな人にはすごいハマると思う。

レビュー投稿日
2013年3月20日
読了日
2013年3月20日
本棚登録日
2013年3月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『オブザデッド・マニアックス (ガガガ文庫...』のレビューをもっとみる

『オブザデッド・マニアックス (ガガガ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする