アオイホノオ 1 (ヤングサンデーコミックス)

3.87
  • (151)
  • (163)
  • (177)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 1481
レビュー : 127
著者 :
勝沼 悠さん コミック   読み終わった 

 変に熱い漫画家の島本和彦が、庵野秀明らと鎬を削っていた80年の大阪芸術大学での大学生活を漫画化。
 
 今年(2014年)にはドラマ化してさらに変な勢いづいたアオイホノオ。
 庵野秀明、矢野健太郎ら後の漫画やアニメ会を引っ張るスターに加え、ホノオモユルの視点での当時の漫画の解説で高橋留美子や松本零士らまで出てきて、80年代を生きた人は目頭が熱くなること間違いなし(?)。あの頃を再体験できる感じがいい。
 妙な熱さとプライドの高さ故の痛々しさ。それがピークになるDAICON3上映の場面は心の底からいたたまれなくなる名シーン。
 でも、この痛々しい熱さって今の日本に必要なものだと思うんだよねぇ。。。

 古きを訪ね新しきを知る。
 おもいっきり笑える漫画ながら深さと熱さを持った名作。 

レビュー投稿日
2014年12月5日
読了日
-
本棚登録日
2014年12月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アオイホノオ 1 (ヤングサンデーコミッ...』のレビューをもっとみる

『アオイホノオ 1 (ヤングサンデーコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『アオイホノオ 1 (ヤングサンデーコミックス)』に勝沼 悠さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする