大統領のクリスマス・ツリー (講談社文庫)

3.48
  • (32)
  • (46)
  • (90)
  • (12)
  • (5)
本棚登録 : 347
レビュー : 62
著者 :
わをんさん 日本文学   読み終わった 

「あなたはあたしのクリスマス・ツリーだったのよ」

多分、今この本のページを少しもめくっていない人にとってさえ、香子のこの一言はうならずにはいられない名文句だと思う。
ロマンチックにも見えるたとえだけど、彼女がこの一言を声にするまでに経験したこと、嵐のような日々、幸福にすぎる生活、その中で胸を満たした感情、香子の強さ、そして、気付いてしまったこと。
そういうものを全て知った後のこの一言は、あまりに苦しくて、あまりに切なくて、あまりに強くて、たまらなくなる。
そう長くはないし、小難しい話でもない。
この一言に少しでもうなったなら、ぜひ本作を読んでほしい。

レビュー投稿日
2015年12月28日
読了日
2015年11月6日
本棚登録日
2015年11月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『大統領のクリスマス・ツリー (講談社文庫...』のレビューをもっとみる

『大統領のクリスマス・ツリー (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする