ケナリも花、サクラも花 (新潮文庫)

3.50
  • (18)
  • (19)
  • (51)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 217
レビュー : 26
著者 :
わをんさん 日本文学   読み終わった 

表題、鷺沢先生自身の言葉ではないのだけれど、そこ(本文で登場する時)まででつらつらと語られていた葛藤みたいなものを読んだ後に認識しただけに、「うっ、やられた」感が強かった。
うん、そうだよね。鷺沢先生、留学を通していろんなことを考えたり悩んだりしてたけど、ケナリも花だし、サクラも花なんだよね。

ところで、ケナリもレンギョウもいまいちピンとこなかったのだけれど、実物写真を見て気づいた。
私この花、数年前にも検索して見たことある。
ハングル教えてくださっていた大学の先生が、授業中におっしゃってて、気になって調べたんだ。
でも、あの時、先生何ておっしゃってたんだっけなぁ…検索かけるくらいだから、よほど気になることをおっしゃってたはずなのに、思い出せない。
せっかくつながったのにね。

レビュー投稿日
2015年12月28日
読了日
2015年12月9日
本棚登録日
2015年12月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ケナリも花、サクラも花 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ケナリも花、サクラも花 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする