少年たちの終わらない夜 (河出文庫―BUNGEI Collection)

3.17
  • (21)
  • (35)
  • (150)
  • (23)
  • (7)
本棚登録 : 520
レビュー : 59
著者 :
わをんさん 日本文学   読み終わった 

東京の青少年って、こんな日々を送っているんだろうか…?
街中で遭遇したらついつい目を伏せてしまいそうな登場人物たちに、戸惑いを隠せなかった。
なんというか、特にコンビニの前とかで会いたくない人が多い。
いや、こう、ねじがぶっ飛んだみたいな人ばかりでないのは知っているけれど。
彼らには、彼女たちには、そういう環境の中にいるその人たちにしか経験することのできない「青春」があって、そこから得るものも学ぶものも、そして失うものも、私と違うものなんだろうか。
でも、何となく、そうではない気もする。
アプローチの仕方が違うだけで、重なるものはある気がする。
そうじゃなかったら、読んでいて共感なんてできるはずないんだから。
大体、多分、私だって、形と場所が違うだけで、彼らみたいに外れたねじがあるんだろうし。

レビュー投稿日
2015年12月28日
読了日
2015年12月4日
本棚登録日
2015年12月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『少年たちの終わらない夜 (河出文庫―BU...』のレビューをもっとみる

『少年たちの終わらない夜 (河出文庫―BUNGEI Collection)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする