こんなふうに死にたい (新潮文庫)

3.32
  • (4)
  • (7)
  • (19)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 13
著者 :
洋想さん  未設定  読み終わった 

佐藤愛子さんは、幾つかの著作本に心霊体験について書かれており、美輪明宏氏や江原啓之氏とも繋がりがあることを知って興味を持ち、まずはこの本を読んでみた。豪胆な性格で人以上に心霊やあの世は信じていなかったのに、北海道に別荘を建ててから毎日のように心霊体験をするようになり、美輪さん達との出会いや、父親や親友の川上宗薫の死を目前にして認めざるを得なくなる経緯が分かる。そんな世界があるにしても、自分らしく生きるに変わりないことは共感する。あとがきは河合隼雄氏と美輪明宏氏だが、美輪さんの文章は読み応えがある。

レビュー投稿日
2013年2月19日
読了日
2013年2月18日
本棚登録日
2013年2月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『こんなふうに死にたい (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『こんなふうに死にたい (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする