とりつくしま (単行本)

3.50
  • (46)
  • (76)
  • (138)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 493
レビュー : 139
著者 :
洋想さん  未設定  読み終わった 

東直子さんは、読友さんから教えてもらい、テレビで一度だけ拝見した。この本が初読。老若男女問わず、何かしらの原因で死んでしまった人たちが、自分の魂を現世の想い人の身近にあるモノにとりつくという10作と番外編の短編集。ほっこりし、爽快で清々しさもあるんだけど、哀愁も漂う文章と物語が、大人しめで優しい雰囲気の東直子さんらしい書き方だと感じた。また、読みやすく、無駄のない纏まった文章も良かった。ロージン、日記が特に好き。自分ならどうだろう。自分の死後、家族や親しかった人たちを身近に感じ、眺めていたいだろうか。

レビュー投稿日
2013年7月23日
読了日
2013年7月11日
本棚登録日
2013年7月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『とりつくしま (単行本)』のレビューをもっとみる

『とりつくしま (単行本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする