Oxford Reading Tree: Level 10+: Treetops Time Chronicles: Power of the Cell

  • Oxford University Press (2010年9月9日発売)
4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 3
5

NadimとWilmaはTime Webがパワーを得るために必要なCellという部品を探すことです。やってきたのは1805年のイギリスでした。二人が製本業のお店の前に立っていると、見知らぬ女性がMortlockの名前を口にして、近づいてきました。何やら危険が迫っているというのです。3人は製本業のお店に逃げ込みました。そして女性がCellを早く見つけだそうと言います。NadimとWilmaは口早に言われるまま、その女性と行動を共にします。そこへ現れたのがMichael Faradayという男の子でした。Cellは友人が隠していると言います。するとそこへViranが入ってきました。みんなが逃げ込んだ部屋には、Michaelの友人がKipperと一緒にいました。再開を喜んだのもつかの間、Viranが迫ってきます。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 洋書(児童書)
感想投稿日 : 2014年7月18日
読了日 : 2014年7月14日
本棚登録日 : 2014年7月18日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする