Baby

  • Yearling (1995年8月1日発売)
3.89
  • (7)
  • (2)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 9
5

とても美しくて、感動的なお話でした。

Larkin一家が置き去りにされていた赤ちゃんを見つけます。
置き手紙があって、必ず迎えにくると。
Larkin一家はその赤ちゃんを預かることにしました。
いつか別れの日が来ることがわかっているから、その日がつらくなるからその赤ちゃんを愛さないようにしようと決めるのです。

Larkin一家には悲しい経験がありました。
この赤ちゃんと過ごすことで、心の痛みを思い出しますが、同時にその痛みが癒されていきます。

読後感はじんわり暖かい感動に包まれます。

この本について、アメブロでも書いています。
http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/entry-10176904619.html

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 洋書(児童書)
感想投稿日 : 2011年11月26日
読了日 : 2008年7月16日
本棚登録日 : 2011年11月26日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする