「食べもの情報」ウソ・ホント―氾濫する情報を正しく読み取る (ブルーバックス)

3.48
  • (4)
  • (5)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 98
レビュー : 12
著者 :
s3400さん  未設定  未設定

著者は群馬大学教授で,食物学,栄養学が専門の女流研究者.その視点は冷静だが食全般に対する深い愛情を感じさせる.文章は,的確でわかりやすい.本書は,フードファディズム(Food faddism;食べ物が健康等に与える影響について過度の期待あるいは不信をもつこと)をキーワードに,巷に溢れる「食べ物情報」を総括する.そして,健康維持と食事の関係についての,基本的かつ重要なことの再認識を促す.例えば,病気を予防・治癒するような「食事」はないこと,「良い」とされる食品ばかり過剰摂取するのではなく,必要な栄養素を過不足なくとることこそ大切であること,食事摂取量の適切性を自分で考えてコントロールするべきだということ,である.これらは,至極まっとうで当たり前のことだが,多くの人がそういった基本を忘れて,マスコミに乗せられて「良い」食品を追いかけている.本書は,あやふやな情報に惑わされないための基礎知識と,理性的な視点をもつことの重要さを伝えている.

レビュー投稿日
2007年8月16日
本棚登録日
2007年8月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「食べもの情報」ウソ・ホント―氾濫する情...』のレビューをもっとみる

『「食べもの情報」ウソ・ホント―氾濫する情報を正しく読み取る (ブルーバックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする