組織の思考が止まるとき ‐「法令遵守」から「ルールの創造」へ

3.71
  • (6)
  • (17)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 144
レビュー : 18
著者 :
ろん爺さん 教養   読み終わった 

組織、コンプライアンスを軸に検察から一般企業のあり方を勉強させられます。

「厚労省の冤罪をめぐり検察の問題点を指摘する本」と、勝手に思い込んで読み始めた私が、本書の真意を理解するまでには正直時間がかかりました。また、頭を回転させながらでないと内容理解できないので、気楽に読み始めて暫くはなかなか先に進めず、実は一時中断していました。しかし、今は読んで良かったと思っています。

ネット(ツイッター、ニコニコ等)での郷原氏の発言に共感するところが多かったので読んだのですが、別の作品も読んでみようと思います。読み終えたときの達成感はほかの本の数倍あります。

レビュー投稿日
2013年7月30日
読了日
2013年7月30日
本棚登録日
2013年7月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『組織の思考が止まるとき ‐「法令遵守」...』のレビューをもっとみる

『組織の思考が止まるとき ‐「法令遵守」から「ルールの創造」へ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『組織の思考が止まるとき ‐「法令遵守」から「ルールの創造」へ』にろん爺さんがつけたタグ

ツイートする