新版 女興行師 吉本せい: 浪花演藝史譚 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房 (2017年9月6日発売)
2.89
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 7
3

吉本の寄席の広がり、「花月」の由来、上方落語の凋落、エンタツアチャコに始まる漫才の隆盛など、全体の動きがよくわかる。一気に読んだ。ただし、記述が重複したりして読みやすいところが若干ある。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ノンフィクション
感想投稿日 : 2017年10月30日
読了日 : 2017年10月30日
本棚登録日 : 2017年10月30日

みんなの感想をみる

ツイートする