いい男論 〜本物と呼ばれる人は、何を大切にしているのか?

3.50
  • (4)
  • (3)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 96
レビュー : 5
著者 :
そららさん  未設定  読み終わった 

「いい男論」読み終わりました。

正直言いますと、永松先生の本は、「現実から離れた、for you抜きの自分だけ成功すればいいんだ」的な他の本に比べて優しいことや甘い言葉はなくて、
冷や水をかけられたように背筋がシャキンとさせられることばかりで、読むたびに覚悟が必要です。

しかし、一言一言噛み締めて腹に落とし込むたびに目が澄んでくるのがわかります。

今回、心に留めて、実践してみたいと思ったフレーズを。

「日本経済の根底を支えているのは、あくまでもサラリーマンたちが生み出す、世界トップレベルの労働力だ。」

「社長が裸の王様状態で暴走しだしたら、降格やクビになることも辞さずに、いい加減目を覚ましてくださいと、涙ながらに訴えることができる、
これができるのがいい男だ」

「大切な人を守るためにはきれいごとではなく、現実にお金も必要なのだ」

「強い男を育てるもの?
そりゃ社会の理不尽と矛盾だよ」

「参加者同士をつなげること」

「口の軽いのは男の中で一番格下だ」

「おたくらがうちの国にちょっかいかけてきたら、その時は国民一丸となって一戦やらせてもらいますよ」

「いい男は一方的な性善説だけを信じない」

「世のいい男たちは駄々をこねた子供に、迷わずお菓子を買ってやることがどれだけその子の未来をダメにするかをよく知っている」

「人は辛さを受け止めた瞬間から物事がうまく転がり始める」

実は、今月結婚することが決まりました(^^)

大切な人を守るために、
男として、覚悟を決めた生き方をしていきたいと思う次第です。

レビュー投稿日
2018年12月5日
読了日
2018年12月5日
本棚登録日
2018年12月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『いい男論 〜本物と呼ばれる人は、何を大切...』のレビューをもっとみる

『いい男論 〜本物と呼ばれる人は、何を大切にしているのか?』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする