危険なビーナス (講談社文庫)

3.65
  • (14)
  • (51)
  • (43)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 681
レビュー : 36
著者 :
yebinaさん 小説   読み終わった 

久しぶりに痛快恋愛ミステリーといったとこ。最近東野圭吾さんは生命倫理とかに関心が強いのかもしれない。

ゆうまと蔭山のキャラに背景が加わっていたら、もっとおもしろかったかも。テレビでやるとしたら、のるかそるかは楓は誰がやるかだろうなぁ。

腑に落ちなかったのは、家がなくなったことを確かめない人が多いこと。あれだけの関心と執着があれば、絶対現地に行くはずだけどね…

いくら警察をいい加減にするとして、まあ使われてない実家の風呂で死んだら、まあバレるよ。仲の良いご近所に話を聞けば普段あの家の風呂には入ってないこともわかるだろうし。

ま、なんにせよ、とってもおもしろかった。

レビュー投稿日
2019年8月18日
読了日
2019年8月18日
本棚登録日
2019年8月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『危険なビーナス (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『危険なビーナス (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする