四季 春 (講談社文庫)

3.61
  • (280)
  • (402)
  • (687)
  • (56)
  • (13)
本棚登録 : 3917
レビュー : 342
著者 :
雪月ソウさん 2017/07   読み終わった 

四季シリーズ一作目。
あの真賀田四季の幼少時の物語。
生まれてからすぐの記憶すらも持っている少女は、すぐに天才少女として名を馳せることに。
しかしその中にも複雑な人格が。実在の其志雄と内面の基志雄に気付くまで、物語の大半はわけがわからないことに。
後半になってようやく、ああそうだったのかと納得しましたが、内面で話をしていてもわずか六歳で難しいことを議論するので、ちょっと読み飛ばし。おばちゃんにもわかるように話して(笑)。凡人には辛いわ。
この辺りの年齢でVシリーズの紅子と遭遇。

レビュー投稿日
2017年7月22日
読了日
2017年7月5日
本棚登録日
2017年7月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『四季 春 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『四季 春 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『四季 春 (講談社文庫)』に雪月ソウさんがつけたタグ

ツイートする