セメント・ガーデン (Hayakawa novels)

3.51
  • (9)
  • (21)
  • (30)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 137
レビュー : 19
制作 : Ian McEwan  宮脇 孝雄 
ゆづるはさん 海外:その他   読み終わった 

はじめは父が、そして次に母が逝ってしまった。大量のセメントと共に残された四人の子供たちは、自分たちの生活を保障する大事なものを地下室に隠し、束の間の自由を手に入れる。いつか終わりが来ると彼ら自身どこかで自覚していたせいか、最後タブーにまでたどり着いたその痛々しい行為が、無邪気で未成熟な美しさという印象を与えている。さらにラストで崩壊する世界から離脱する姿が、何とも言えない読後感を醸し出していた。

レビュー投稿日
2011年3月11日
読了日
2010年4月13日
本棚登録日
2011年3月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『セメント・ガーデン (Hayakawa ...』のレビューをもっとみる

『セメント・ガーデン (Hayakawa novels)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『セメント・ガーデン (Hayakawa novels)』にゆづるはさんがつけたタグ

ツイートする