黒猫のいない夜のディストピア

著者 :
  • 早川書房 (2018年12月5日発売)
3.67
  • (7)
  • (38)
  • (33)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 293
感想 : 44
4

黒猫シリーズ第2部スタートとなり、何だか空気が変わった気もする。サスペンスフルな展開は、黒猫が不在だからか。しかしこれまでも長い間離れ離れになっていたわけで、やはり距離を詰めてしまったことからくる存在欠如のダメージの倍増が影響しているのかもしれない。都市開発計画については、甚だしいエゴじゃないのかとつっこみたくなったが、出会いがあれば別れありで、新たに登場したドーナツ大好きな気難し屋と付き人の絡みが楽しみでもある。二人を比べると、黒猫が柔らかい人間なんだなと再確認できたのもよかった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 国内:ミステリー
感想投稿日 : 2021年8月13日
読了日 : 2021年8月13日
本棚登録日 : 2021年5月4日

みんなの感想をみる

ツイートする