さみしさの周波数 (角川スニーカー文庫)

3.54
  • (631)
  • (724)
  • (2040)
  • (75)
  • (9)
本棚登録 : 6558
レビュー : 589
著者 :
制作 : 羽住 都 
yueliさん  未設定  読み終わった 

乙一さんの本ははじめて読んだ。それほど期待していなかったが、予想よりはるかによかった。まず、本の表題がよい。入っている短編の題とは違うので、別につけたのだと思われるが、全体をうまく一体化させている。作品のなかでは、手を握る泥棒の物語、失はれた物語がよかった。特に失はれた物語の、腕を鍵飯にしてピアノを弾くという部分は、なんというか、グッと来るものがあった。
あと、挿絵が凄い。羽住都さんというイラストレーターの方が描いたそうだが、見いってしまった。

レビュー投稿日
2017年9月18日
読了日
2017年9月18日
本棚登録日
2017年9月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『さみしさの周波数 (角川スニーカー文庫)』のレビューをもっとみる

『さみしさの周波数 (角川スニーカー文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする