社会システム理論: 不透明な社会を捉える知の技法 (リアリティ・プラス)

3.98
  • (12)
  • (20)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 229
レビュー : 18
制作 : 井庭 崇 
yuimaarさん  未設定  読み終わった 

何故だろう、構成のせいなのか今ひとつピンと来ない…。なんか古くさいと思ったら、随分前の対談で、既に読んでいたものがあったからでした。

トップだけでなくミドルマンを成長させようという考え方には、対談を初めて読んだ当初から、それはそれで重要だなと感じました。あとは…いやそれだけだな。うーん。

なんか、全体的に全部2006年の対談だし、対談相手のお三方の考えはそれぞれ既に近著でアップデートされているのを読んでいるし、安直な言い方ですが古かったです。井庭氏著作は初めてだったのですが、残念。単著を読んでみるべきかとも思いましたが、序章の文章で何一つ心に残らなかったので手控えてしまいます。うーん。

レビュー投稿日
2012年1月1日
読了日
2011年12月31日
本棚登録日
2011年12月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『社会システム理論: 不透明な社会を捉える...』のレビューをもっとみる

『社会システム理論: 不透明な社会を捉える知の技法 (リアリティ・プラス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

井庭崇の作品一覧

井庭崇の作品ランキング・新刊情報

ツイートする