ちんぷんかん しゃばけシリーズ 6

3.70
  • (181)
  • (307)
  • (421)
  • (16)
  • (1)
本棚登録 : 1852
レビュー : 253
著者 :
でこさん 時代   読み終わった 

内容は
・鬼と小鬼
・ちんぷんかん
・男ぶり
・今昔
・はるがいくよ

鬼と小鬼 では、街が火事になって若旦那が冥土に行きかけてしまいます。
ちんぷんかん は寛朝の弟子の秋英の話。
男ぶり は若旦那の母、おたえが藤兵衛と結婚するまでの話。
今昔 は若旦那の兄・辰二郎のお見合い相手と、その相手の家にいた占い師(陰陽師)とのひと悶着。貧乏神の金次がいい味出しています。
はるがいくよ は桜の花びらの妖怪小紅の話。1ヶ月ほどで寿命を迎えてしまう小紅を何とか長生きしてもらいたいと奮闘するのが切なくいい話です。

レビュー投稿日
2016年2月25日
読了日
2016年2月25日
本棚登録日
2016年2月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ちんぷんかん しゃばけシリーズ 6』のレビューをもっとみる

『ちんぷんかん しゃばけシリーズ 6』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする