いっちばん しゃばけシリーズ 7

3.74
  • (163)
  • (268)
  • (318)
  • (20)
  • (1)
本棚登録 : 1808
レビュー : 208
著者 :
でこさん 時代   読み終わった 

いっちばん→妖怪たちが、若だんなにプレゼントを考える
いっぷく→長崎屋、西岡屋と小乃屋と品比べを行う。家鳴りを風呂敷の中に捕まえた小乃屋の七之助、家鳴りたちが見えるのか?
天狗の使い魔→若だんな、天狗に拐われる!
餡子は甘いか→あまりにも菓子作りが下手な栄吉は奉公に出たが、奉公先でライバル出現!栄吉は菓子職人を諦めてしまえのか?
ひなのちよがみ→以前は分厚く白粉を塗り立てていた娘、紅白粉問屋一色屋のお雛さんが可愛くなって再登場。火事でダメージを受けたお店の再建と、許嫁の正三郎さんとの仲はいかに。

の5話。

レビュー投稿日
2016年4月7日
読了日
2016年4月7日
本棚登録日
2016年2月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『いっちばん しゃばけシリーズ 7』のレビューをもっとみる

『いっちばん しゃばけシリーズ 7』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする