望み

3.94
  • (128)
  • (216)
  • (117)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 1233
レビュー : 211
著者 :
猫侍さん  未設定  読み終わった 

もしこの現実が自分の身に起こってしまったら、私はどうするのだろう。どんな現実になったとしても、それを受け入れる覚悟が出来るだろうか…。
本文中で初めて「望み」という文字を目にしたとき、タイトルの重みをずっしりと感じた。どう変わっていくかわからない、家族を取り巻く環境。誰の望み通りになったとしても、悲しい現実からは逃れられない。先のことは考えても仕方がないと思いつつも、各々が想像の中で不安にとらわれていく心理描写に、こちらまで不安になる。物語は読者をも巻き込んでゆく。読む側の心境もページをめくるたびに変わるのだ。
指の間をするすると零れ落ちていく常識、価値観、想い。正解はどこにもない。
こんなに胸の苦しくなる物語は読んだことがなかった。私のように、思春期の息子を持つ家族だけでなく、すべての世代に読んでみてほしいと思う。

レビュー投稿日
2017年5月7日
読了日
-
本棚登録日
2016年8月28日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『望み』のレビューをもっとみる

『望み』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする