放課後ミステリクラブ 2雪のミステリーサークル事件

著者 :
  • ライツ社 (2023年10月28日発売)
3.53
  • (23)
  • (43)
  • (63)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 588
感想 : 46
3

第1巻は2024年本屋大賞ノミネート!
(2024/02/07時点)
ミステリ小説大好きなイギリス帰りの4年生・辻堂天馬、合気道が使える主人公の4年生・柚木陸、天才的な運動神経を持つ4年生・神山美鈴。
3人の名前をとって「ミステリクラブ」(美鈴ちゃんは嫌がっている(笑))で、探偵役は辻堂天馬くんです。

今回の謎は、雪が積もった校庭に突如あらわれたミステリーサークル!
誰が一体どうやって?なんのために??
推理ためとは言え、美鈴ちゃんはなかなかの危なっかしいことをさせられていて、文章中でも「危ないよ」とは言われていますが、これは絶対真似しちゃだめなやつでした(笑)ケガする〜(汗)

ミステリーサークルの作り方自体はわかったものの、動機についてはさっぱりでした。
今回はミステリをたのしむ+勉強することの意味も教えてくれるお話でした。
絵もたくさんあり、さらさら読めるので、主人公たちとおなじ3〜4年生くらいが、いちばん読みどきだとおもいます。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 絵本・児童書
感想投稿日 : 2024年2月7日
読了日 : 2024年2月6日
本棚登録日 : 2024年2月5日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする