征夷大将軍―もう一つの国家主権 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論社 (1987年3月1日発売)
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
感想 : 2
3

征夷大将軍という役職の意味、鎮守府将軍との違い、武家と将軍職、といったところか。
是が網羅されているのは非常によいことです。ただ、あらためて読んで、日本史を3つの幕府を使って「武家の時代」と呼ぶのはやはり空しいように思います。
大和朝廷→律令国家=法令国家(8世紀〜10世紀)→王朝国家=法令・血縁共同体(10世紀〜12世紀)→地縁・血縁共同体国家(12世紀院政〜15世紀足利時代)→戦国時代(1494明応以降)くらいがいいんじゃない?
まあ今10分くらいで考えたので全く説得力ありませんね・・・。
坂上田村麻呂と徳川慶喜が一緒に語れる稀有な一冊。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 中世史
感想投稿日 : 2009年2月18日
読了日 : 2009年2月18日
本棚登録日 : 2009年2月18日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする