レ・ミゼラブル〈下〉 (岩波少年文庫)

3.80
  • (28)
  • (24)
  • (43)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 210
レビュー : 20
yukkeさん 2012年   未設定

おもしろかった〜

一応ラストはハッピーエンドっぽくてよかった

後編はコゼットとマリユスの恋愛と
テナルディエとその家族のもろもろ

マリユスはふつうにいい子だと思う

テナルディエが悪すぎてびっくり

エポニールがかわいそう

弟がまた(名前がわからない)かわいそう

貧乏ってつらい‥

この時代のパリ(にかぎらない?)の囚人に対する差別がすごい

最終的にはそれを乗り越えて誤解もとけてマリユスの尊敬を得たけど、
上巻ではシスターの信頼は揺らがなかったけど

囚人だった、ってことがそこまで受け入れられない社会だったら
懲役を終えて出てきた人はどうすればいいの?
っておもった

ジャンバルジャンも、ちらとでも「そこまでされるいわれはない」って思わなかったのかなぁ

反省しつつ、開き直るというか

そこまで悪い?と疑問に思わなかったのかな‥?

コゼットと距離を置いていくところも
なんかよくわからなかったなぁ

コゼットは新婚さんで忙しいし以前愛していたとはいっても
心が少し離れてたってのはどういうことかな〜
まぁそこまで考えてなかったのかな

うーん

でも読めてよかった!
おもしろかった
ジャンバルジャンかっこいい

レビュー投稿日
2012年6月3日
本棚登録日
2012年6月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『レ・ミゼラブル〈下〉 (岩波少年文庫)』のレビューをもっとみる

『レ・ミゼラブル〈下〉 (岩波少年文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『レ・ミゼラブル〈下〉 (岩波少年文庫)』にyukkeさんがつけたタグ

ツイートする