薬指の標本 (新潮文庫)

3.66
  • (798)
  • (1014)
  • (1636)
  • (155)
  • (24)
本棚登録 : 7875
レビュー : 1096
著者 :
夢追人009さん  未設定  読み終わった 

小川洋子さんの唯一無二の世界が心地よくて癖になりそうな2編の幻想中編小説集。今回も現実にはあり得ない2つの職業が描かれていますが、何となく実は本当にあるのではと思わせる雰囲気を感じるのですね。『薬指の標本』標本室は人々の願いを叶える善意の施設ではあるのですが、ヒロインは生きながらにして弟子丸氏の標本にされてしまうのでしょうか?さり気ないサイコホラーとも読めますね。『六角形の小部屋』私の町にも何時か「語り小部屋」が来るのでしょうか?でもある日突然に消えてしまったら語り小部屋ロスで相当に悩み苦しむでしょうね。

レビュー投稿日
2019年2月2日
読了日
2019年2月2日
本棚登録日
2019年2月2日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『薬指の標本 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『薬指の標本 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする