オーデュボンの祈り (新潮文庫)

3.82
  • (3989)
  • (4703)
  • (5085)
  • (596)
  • (129)
本棚登録 : 33587
レビュー : 3600
著者 :
夢追人009さん  未設定  読み終わった 

伊坂幸太郎さんの一生に一作しか書けないのではと思えるあらゆる意味で恐るべき処女作ですね。本作はあの「ブラウン神父」で有名なチェスタトンさんが読んだら狂喜乱舞しそうな、まったくもってイカレタふざけたファンタジーだと思いましたね。伊坂さんの「風が吹けば桶屋が儲かる」理論が全編に流れる壮大な幻想歴史小説(ほら話)と言って良くミステリの整合性や完成度なんて全く気にせず誰もが大満足でしょう。キャラでは日比野は後の陣内だし桜は死後に千葉になりそうな気がしますね。こんなにも奇想天外でクレイジーな物語を読めて幸せ一杯です!

これは嘘のようなホントの話ですが、今日電車に乗ってお天気猫の話を読んで駅で降りたら雨が降り出しまして傘を忘れたので(ネコではなく)濡れネズミになりましたね。まあとにかく本書はフーダニットの興味だけでなく次々に奇妙な笑える出来事の連続ですので飽きる暇がないですね。それから章を繋ぐ4種類の影絵文字、カカシと祖母と悪徳警官とお侍も粋ですよね。唯一不安なのは死神・千葉の仕事を自らが積極的に実践していると思える桜さんがとても恐ろしく今夜の夢に出て来て「理由になっていない」と一喝する声にうなされそうな予感がしますね。

処で単なる偶然なのですが本書にも「さだまさし」の歌との一致点が2つあるのですね。喋るカカシの優午はズバリ「案山子」という名曲がありまして、もう一つはオーデュボンが愛していたリョコウバトの運命に重ね合わせるような「前夜(桃花鳥ニッポニア・ニッポン)」というこれも心に沁みる歌がありますのでご存じでない方はぜひ聴いてみて下さいね。最後に昨年に読んだ「仙台暮らし」で伊坂さんが、本作が認められた事に感謝の言葉を述べられていましたが、私も本当にこの異彩を放つ前代未聞のミステリが世に出て良かったなと心から思いましたね。

レビュー投稿日
2019年1月3日
読了日
2019年1月3日
本棚登録日
2019年1月3日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『オーデュボンの祈り (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『オーデュボンの祈り (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする