GOSICK II ゴシック・ その罪は名もなき (角川文庫)

3.72
  • (154)
  • (350)
  • (314)
  • (31)
  • (5)
本棚登録 : 2724
レビュー : 221
著者 :
ゆめさん 国内_さ〜   読み終わった 

灰色オオカミの伝説。
「“灰色狼の末裔”に告ぐ。近く夏至祭。我らは子孫を歓迎する」
一弥が図書館塔に持ち込んだ新聞のその広告を見たヴィクトリカは、一弥とともに学園を抜け出し小さな村にやってきた。
ヴィクトリアの母の過去。

知識の泉で、実はヴィクトリカも同じ質問をしていた、ってキュンとした。
でも、その答えの意味って……?
今後も気になる。

レビュー投稿日
2018年11月10日
読了日
2018年11月10日
本棚登録日
2018年10月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『GOSICK II ゴシック・ その罪は...』のレビューをもっとみる

『GOSICK II ゴシック・ その罪は名もなき (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『GOSICK II ゴシック・ その罪は名もなき (角川文庫)』にゆめさんがつけたタグ

ツイートする