しゃばけ しゃばけシリーズ 1 (新潮文庫)

3.76
  • (1248)
  • (1593)
  • (2185)
  • (122)
  • (24)
本棚登録 : 9957
レビュー : 1560
著者 :
yumiさん 畠中 恵   読み終わった 

江戸有数の廻船問屋の一粒種・一太郎は、めっぽう体が弱く外出もままならない。ところが目を盗んで出かけた夜に人殺しを目撃。以来、猟奇的殺人事件が続き、一太郎は家族同様の妖怪と解決に乗り出すことに。日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作品。<BR>
<BR>
物語の面白さは主人公や登場人物が魅力的なことが必須条件で、さらに事件やら情景やらをまったくもって全部さらけ出さないで、読者に「ん?」と思わせる力量だと思うんです。このお話はまさにそれがどんぴしゃで、一太郎や妖たちがとても魅力的で(友達になりたいくらい!!)ストーリーが面白い!!シリーズ化されているようなので絶対読みたい〜。

レビュー投稿日
2008年10月12日
読了日
-
本棚登録日
2008年10月12日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『しゃばけ しゃばけシリーズ 1 (新潮文...』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする