([い]4-2)四十九日のレシピ (ポプラ文庫)

4.03
  • (250)
  • (343)
  • (187)
  • (18)
  • (1)
本棚登録 : 1988
レビュー : 317
著者 :
yumiieさん  未設定  読み終わった 

読み始め…11.11.23
読み終わり…11.12.5

テレビドラマを初回だけ何気にほんの少し観ていました。それから続きを気にかけてはいたものの...とうとう一度も観ることはありませんでした。

後妻を亡くし気力を失っていた父の元に娘が出戻ってきます。そこに亡き妻(母)から頼まれていたという陽気な女の子が突然やってきて、四十九日までのお世話をすることになります。

妻(母)乙美は生前に作っていた食事のレシピや家事お掃除の秘訣などを絵つきのカードにして残していたということに、家族は死後になって初めて気づきます。そしてその底抜けに明るいレシピこそが、妻を亡くして失ってしまった夫の生きる力と娘夫婦のかけ違えてしまった生活に明るい光を灯してくれるという心温かな物語。

久々の号泣でした。電車の中でじゃなくてよかった。

レビュー投稿日
2016年4月11日
読了日
2011年12月5日
本棚登録日
2016年4月11日
9
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『([い]4-2)四十九日のレシピ (ポプ...』のレビューをもっとみる

『([い]4-2)四十九日のレシピ (ポプラ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする