Moses, A: Jojos Story

著者 :
  • Klett Sprachen GmbH (2001年3月5日発売)
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 1
5

【あらすじ】“彼ら”が村から去った後、生き残ったのは10歳の少年ジョジョだけだった。国連軍によって助けられたジョジョは、同じような境遇の子供たちが暮らす保護施設に送られる。<br>
<br>
--------<br>
<br>
わずか10歳(うちの娘とほぼ同じ)のジョジョの目線で、モノローグのように現在形で語られる戦争は、冷静にむごたらしさだけが切り取られ、そこには大人たちの事情など微塵もない。<br>
<br>
易しい英語で書かれていながら、悲しさと虚しさしか残さないラストは子供向けのストーリーではないだろう。<br>
<br>
世界中に何千何万といるジョジョを、誰か助けてください。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 洋書・読んだ本
感想投稿日 : 2006年1月3日
読了日 : 2010年7月27日
本棚登録日 : 2006年1月3日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする