中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)

3.50
  • (244)
  • (347)
  • (869)
  • (55)
  • (7)
本棚登録 : 3497
レビュー : 342
著者 :
ゆぴさん 村上春樹   読み終わった 

初期の村上春樹氏の短編集で、まさかの未読本。
どうしてこの本を今まで読んでいなかったのか不思議でならないのだけれど、今あらためて若き日の村上春樹氏の作品に出会えることに大きな幸せを感じる。カンガルーも羊男もここにいたなんて!
どの短編も好きで何度も読み返したい。「貧乏な叔母さんの話」「午後の最後の芝生」「土の中の彼女の小さな犬」が特によかった。

レビュー投稿日
2014年9月28日
読了日
2014年9月28日
本棚登録日
2014年9月28日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)』のレビューをもっとみる

『中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする