おこぼれ姫と円卓の騎士 二人の軍師 (ビーズログ文庫)

4.23
  • (20)
  • (16)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 116
レビュー : 18
著者 :
制作 : 起家一子 
マユリさん 少女小説   読み終わった 

私も大好きな大人気の少女小説、「おこぼれ姫と円卓の騎士」第10弾となる今回は軍師編です。軍師というと様々な作品に、ものすごく優秀な軍師が沢山登場して、物語に華を添えていますが、この物語に出てくる軍師候補のメルディは、家柄以外は取り立てて取り柄のない平凡な没落貴族の息子で!?
レティは彼を見定めるために、ささやかな旅に同行させるが、立ち寄った街できな臭い事件が起こって……、というお話かな。

このお話はすごく面白かったです! 
なにより、最初は家でぐーたらしているだけの自宅警備員だったメルディが、レティと関わることで、レティもメルディと関わることで、徐々にその感情や認識を改め、一歩前に進もうとする姿勢がとてもよかったです。
メルディは応援したくなる人だったし、かなり好きなタイプの人物です。まだ騎士確定はしていないようですが、ぜひレティの頭脳になって、彼女を支えて欲しいです。
タイトルのふたりの軍師はそういう意味だったか、と読んでみて納得。
少女小説ではBL萌えなどしない私ではありますが、メルディに対するゼノンの少し歪んだ執着には、ちょっとときめいてしまいました。何はともあれ、ゼノンはこれからも手ごわい敵になりそうで、物語もちょっと動き出した感じがして、とても楽しく読めました。

ただ、やっぱり少女小説に期待するのは、糖度という部分もあって!
最初と最後だけでデュークは十分報われたし、すごくニヤニヤしたけれど、前巻のソレスに続いて、今回のヒーローもやっぱりメルディでした。
石田さんの潔くてうまいところではあるけれど、登場人物が多いから、必ず割を食らうキャラクターがいるというのも、どのキャラクターも魅力的な分寂しいですね。でも今回、名前しか出ていないグイード殿下がとても輝いておりました。グイード殿下ってすごいんだなぁ。
そんなお兄さま方の顔も久しぶりに見たいなあと思いながら、ますます面白くなる物語から目が離せません。今後が楽しみな一冊です。
このシリーズにもはや激甘な展開は求めていませんが、次回はもう少し少女小説らしさのある甘い展開を楽しみにしたいと思います。

レビュー投稿日
2015年1月27日
読了日
2015年1月27日
本棚登録日
2015年1月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『おこぼれ姫と円卓の騎士 二人の軍師 (ビ...』のレビューをもっとみる

『おこぼれ姫と円卓の騎士 二人の軍師 (ビーズログ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『おこぼれ姫と円卓の騎士 二人の軍師 (ビーズログ文庫)』にマユリさんがつけたタグ

ツイートする