世界がわかる宗教社会学入門

3.45
  • (8)
  • (15)
  • (31)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 203
レビュー : 17
著者 :
yusukenariさん 社会学   読み終わった 

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、古代仏教、大乗仏教、儒教を中心に、その成り立ちと、考え方の骨子と相違点を分かりやすく記したもの。こういう書籍は読んだことがなく、スイスイとまでは言わないが、興味深く読むことができた。仏教とキリスト教では世界観が違うとか、イスラム教はキリスト教の原典をベースにし改良しているとか、これまで全く知らなかった世界がある。
その上で日本は、無神教であり、死後の世界を空想し、輪廻を信じず、儒教も成り立たないという中、どうやって自分たちの寄って立つところを確保し、他の世界の人たちと理解し合えるか、ということを問われている。

レビュー投稿日
2012年9月11日
読了日
2012年9月2日
本棚登録日
2012年8月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『世界がわかる宗教社会学入門』のレビューをもっとみる

『世界がわかる宗教社会学入門』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする